インターネットコミュニティの特性・工夫

1. 常時開設
[メリット]
1) いつでも,どこからでも,都合の良い時に参加
2) 時間の制約がない

[デメリット]
1) 即答性はない
2) 切れ目もない

ひらめき[工夫]ひらめき
1) 「即答性」について
コミュニティの正確によるが,
必ずしも,スタッフの即時対応を,心がける必要はない

対応のサイクルを,決めておくと良い

例えば,3日以内とか,1週間とか
そして,「急ぐ場合は,メールを併用下さい」と,
お願いしておく

2). 「切れ目」について
a.適度なサイクルで,会話の流れを整理して,

   紹介するとよい

b.可能なら,リアルの集まりを,設定するとベター
その場で,次の工夫をし,コミュニティに繋げる
・a.を紹介する
・会場で,コミュニティを利用した活動をし,
集まれない人にも,参加のチャンスを,提供する

2.文字を主体とした会話
[メリット]
記録を残せる
途中から参加しても,それまでの会話を読むことが出来る

[デメリット]
顔の表情が,見えない
文字は,キツク伝わりやすい

ひらめき[工夫]ひらめき
・極力,丁寧語で
「だ・である」より,「です・ます」で

・「すべき」といった断言を避け,
「と考えますが,いかが?」というように,
表現を和らげると良い

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13421257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)